転職して気が付いた事①:めんどうな人がやっぱりいた件

 転職をして10日以上経った。

だいぶ人には慣れたものの、新しい会社にもやはり”ちょっと変わった”人が1人いる。

どうして会社というのは規模の大きさに関わらずこういう人が1人いるのか…不思議で仕方ない。

 

前職にも、ちょっと変わった人(超オブラートに包みまくっているが、実際はめんどくさい人)がいた。

仕事中に怒鳴ったり、気に入らない人がいればいじめ倒して退職に追い込む。

そしてそれを武勇伝かのように周りに話す。周りドン引き。

 

取引先にもそういう人たちがいた。

苗字とハラスメントをかけてあだ名がついている人もいた。

お客さんの前でファイルをバン!と置いたりするような非常識な人も見た。

 

新しい職場にもこの類のめんどくさい人、がいることが分かった。

今まで出会ってきた自己主張の強い面倒なタイプとは真逆…。

その人は40代女性(見た目老けてるから50代かと思った)、独身。怒鳴り散らして他人を攻撃するタイプの人間ではなく、最初はただのシャイか人見知りかなーと思っていた。

 

 が、入社5日目には気が付いた。

まず初めての人とまともに挨拶も出来ない(しない?)、

心を開いていない人とは目も合わせないし話さない。

自分以外は興味なし=40代にもなっても部下が1人もいない(=役職が付くことも今後ないだろう。 )取引先等固定のお客さんもいない(一度もその人への電話取次がないので判明)。会議があっても彼女の隣には誰も座ろうとしない。

そして何よりも、騒がないタイプだけどいろいろと一言余分なことやイラっとする事を言っては、周りの人を不快にさせる。

 

 

八方美人になれとは言わないけど、

良い歳してまともに人とあいさつも出来ないって、

社会人としてどうなの…?|д゚)

っていう悪い印象が最初に付きました。

 

 

そして入社10日目にしてやはりそうなのだと確信して今に至ります。

 

そのおばさんが「おすすめ●●教えてくださいー」と言い放った時の

ほかの社員の顔…全員地面を見つめて…  

 

 

でした…。

 

そしてその日、別件でそのおばさんが

みんながムッとするような事を言い放ちました。

 

一応全員参加にしないと…っていうお呼ばれ会に

思いっきり”不参加”と書くおばさん。

まず1か月以上も先の事なんだから空気読めよという感じの協調性の無さ。

 

たぶんほかの方も形上その方も誘っただけだと思うんですが、

理由として如何に参加が無理かをぶっきらぼうに書き込んできて、

またしても全員苦笑…笑

 

そしてその方が不参加、と書いても

誰も「え~●●さん来れないんですぁ~?」と

言ってくれない現実(笑)

 

それに加え、思わず30代の男性マネージャーが

「あの人ほんといつも一言二言多いよねぇ、ほんとにさ~w」

と嫌な意味合いたっぷりな言い方をしていたのを聞いてしまいました。

言いたいことはもっとあるんだろうけど、仕事ができる彼は

喉から出る言葉をぐっと飲み込んだ印象でしたw

が、直後に給湯室からそのおおばさんがスーッと出てきて気まずくなりましたw

(絶対聞こえてたと思う)

 

 

とにもかくにも毎回思うのは、

こういうタイプの方たちの頭の中について。

わざわざ自分から嫌われるようなことをする人って

何を思っているんだろう…ということ。

一緒に仕事をしていくなら怖い顔して嫌われるより

ニコニコしてる方がものすごく得なのに…。

 

 

1人だけ標的にされるハラスメントは恐怖ですが、

この様子だと全員からもかなり浮いている様子なので

人間関係で辞めるという結末にはならなさそうですが、

極力近寄りたくない方ですし、無駄なストレスの種になりそうなので

視界にもいれないようにしています(爆)

 

 

 

 

また数か月経ったら人の立ち位置が分かってきそう&進展がありそうなので

気づいたときに観察日記を書こうと思います。

 対処法をご存知の方、教えていただきたいです。