女心は複雑。 <続編>

一昨日下の記事を書き終わった頃、ちょうどAちゃんから起きたようだったので戦々恐々と(!)行って参った( ˘•ω•˘ )。

 

結局未だになんで拗ねさせちゃったのか分からなかったんだけど、ここは大人だし( ˘•ω•˘ )嫌な思いさせちゃったのかもしれないし( ˘•ω•˘ )と思ってごめんねと言ってみた。

 

『Sorry?なにが?』

 

返ってきたのはこの言葉だった(ええええ

 

「私の1日を返せ(笑)」なんてことは勿論言えず、

『あ、うん、うん、なんか。昨日(向こうの時間で)なんか言ったかなと思って。』

 

 

『忘れた。許すからバーチャルハグして!』

f:id:notetoself_13mk:20170605155355j:plain

 

 

( ˘•ω•˘ )え…。ま、まあいいか

 

 

 

こんな感じでよく分からないけど収束しました。カラッとしすぎてよく分からないの彼女( ˘•ω•˘ ) 忘れたフリをしてくれてるのかもしれないけど。

 

まあいっか( ˘ω˘ )

 

 

今回自分が成長したなと思ったのは、怒られて拗ねられたことに対して、怒りが湧かなかったこと。代わりに湧いた感情は、相手を嫌な思いにさせてしまったかもという罪悪感と拗ねさせてごめんねという申し訳なさだったこと。まあ相手によるんだろうけど。

 

 

どっちが合ってたとか間違ってたとかではなくて、

大事にしたい人が拗ねてしまったりその人に嫌な思いをさせてしまったら

それに対して素直に謝ろうと学びました。