ボキャブラリ不足解消英会話① 「The bee's kees (最高のもの、これ以上ない)」「couldn't be ~(これ以上~なことはない)」

仕事を辞めて以来、訳あって日本にいるのに日本語より英語を使うことが多くなった(この訳はまた別の記事に書こうと思います)。

 

中学生の頃、義務教育の一環として習い始めた英語。今現在TOEICのスコアは800点を超えたものの、大好きな海外旅行と映画鑑賞にしか活用していない私。仕事では英語を使いたい!なんて思ったこともないし、私にとって言語はあくまでその先の事をするための手段でしかなく、「英語を話せる人が欲しいなら3か国語くらい使える中国人かスイス人でも雇うでしょ普通」とすら思っているからだ。

 

そんな私が最近英語でコミュニケーションをほぼ毎日とらなければいけない状況になり、サッと出てこない単語や言い回しに苦戦している。

言いたいことはあっても、あ”あ”あ”~となってしまったり、こんなこと英語で言ったことないわ!ということも毎日3回は起きる。

 

この年になって、日々勉強せざるを得ない日が来てしまったので、忘れないためにもこのブログに書き残しておく。

 

 

_______________________________________

「これ以上~なことはない」はなんて言う?

こんなこと日本語でしか言ったことなかった私。言葉が出てこなかった。

 

こういうときは「 couldn't be (=could not be)~」と使うらしい。

ポイントはcanではなくcouldであること。現在のことを指していても過去形にすることで表現を和らげる(キツイ言い方を避ける)のです。

 

・I couldn't be happier. (これ以上うれしいことはない)

・It couldn't be better. (最高です:これ以上良いことはない)

・It couldn't be worse.(最悪です:これ以上悪いことはない)

 

逆に過去のことを言いたい場合は、過去形(could not)→過去完了進行形(could not have been)にすればOK。

 

・It couldn't have been better.(最高だった:これ以上良いことはなかった)

 

「The bee's knees(蜂の膝)」って何?!

f:id:notetoself_13mk:20170510103124j:plain

「最高だ!」と言いたいときに、英語にはこんな表現の仕方もあるそうです。

”The bee's knees(蜂の膝)”。The bestと置き換えれば分かりやすい。

Oxford dictionary曰く、 'an outstanding person or thing'(傑出した人または物)とありました。なのでこんな風にも使えるらしい。

 

・She's the bee's knees when it comes to being an amazing actoress!"(素晴らしい女優といえば、彼女が最高!)

・Yesterday was the bee's knees (昨日はは最高だった)

 

うん、ちょっとスッキリ!